卵子の質を保つために知っておきたい卵子のこと

妊娠に必要不可欠なのが卵子です。卵子は女性の身体の中で作られます。近年は不妊に悩む方が増加傾向にあり、卵子の質を気にする方も増えています。

 

卵子の質を理解するためには、卵子についての基礎知識を身につけておかなければなりません。今回は、卵子とはどのようなものなのかをご紹介します。

 

卵子とは?

 

卵子は女性の体内に存在する生殖細胞です。卵巣から排出され、精子と結合することで胎児の元となる受精卵へと変化します。卵子は女性の左右の卵巣に存在している細胞で、排卵した後の卵子の寿命は1日と短い物となっています。

 

卵子の数

 

女性は胎児の時点で体内にある卵子の数が決まっています。その数はおよそ700万個と言われており、数が増えることはありません。

 

出生時は200万個、思春期には30万個ほどまで減少し、閉経を迎えるまでは1日に40万個ほど減少し続けていきます。このため、妊娠しやすい身体を作るためには、卵子の数を増やすのではなく、今ある卵子の質を向上させることが重要となるのです。

 

卵子の質は外部からの影響により左右される

 

卵子の質が低下する原因は様々なものがあげられます。まず、加齢とともに身体の機能が低下することで卵子を作り出す卵巣機能も低下し、卵子の質も必然的に低下していきます。

 

また、偏った食生活や不規則な生活習慣など、普段の生活によっても卵子の質は左右されます。卵子は一度衰えてしまうと若返ることはできないので、将来妊娠を希望する方や不妊に悩んでいる方は生活習慣を改善することが重要です。