排卵誘発剤は卵子の質を低下の原因になる?

排卵誘発剤は卵子の質を低下の原因になる?

 

 

不妊のための治療法の一つに排卵誘発剤の使用というものがあります。しかし一方で排卵誘発剤は卵子の質を低下させ、妊娠しにくくなるという噂もあります。排卵誘発剤は本当に卵子の質を低下させてしまうのでしょうか。

 

排卵誘発剤とは

 

排卵誘発剤は、胎児の元となる卵子を卵巣から排出するのを促す薬です。一般的には月経不順や排卵障害などの治療に使用されますが、人工授精や体外受精の際にも使用されています。排卵誘発剤は使用することで妊娠率を上げ、不妊治療に役立てるのが目的です。

 

排卵誘発剤は内服薬と注射があります。内服薬はクエン酸クロミフェン製剤というものを使用します。副作用が少なく安全性が高い薬なので、身体に負担をかけたくないという方でも安心して使用することが出来ます。

 

クエン酸クロミフェン製剤は、卵巣刺激ホルモンが卵巣に働きかけることで排卵を起こします。基本的には月経の5日前から5日間使用します。注射は下垂体性ゴナドトロピンというものを使用します。卵巣を直接刺激し排卵を促す薬で、排卵誘発剤の中で最も強力と言われています。

 

下垂体性ゴナドトロピンが使用されるのは、重症の排卵障害や体外受精の排卵誘発の場合です。効果が高い一方で副作用が起こる頻度が高い面もあります。

 

排卵誘発剤は卵子の質を低下させるのか?

 

結論から言うと排卵誘発剤が卵子の質を直接低下させる原因にはなりません。排卵誘発剤は卵子の質の状態を良くし、妊娠率を上げるために使用されます。薬の使用で副作用が出てしまい、卵巣の状態が悪くなるなど逆に妊娠しにくくなる状態になる場合もあります。

 

これが卵子の質を下げてしまう原因にもなりますが、医師と相談しながらしっかりと経過観察を行うことで副作用を抑えることが出来ます。体質や子宮の状態により使用効果や副作用発症率は異なるので、排卵誘発剤を使用する際は注意しましょう。