卵子の質を高める呼吸方法

 

 

卵子の質を高めるためには、卵子細胞質内のミトコンドリアを活性化させることが重要です。ミトコンドリアは酸素を多く取り入れることで活性化します。今回は卵子の質を高めるための呼吸法をご紹介します。

 

気管機能のアップ

 

気管は体内に酸素を取り入れるために重要な器官です。気管機能をアップさせることで体内に酸素を取り入れやすくします。

 

 

まず朝起きたら童謡などのゆったりとした唄を歌いましょう。声帯をゆっくりと動かすことで気管の毛細血管を拡張し、軌道の入り口を広げることが出来ます。気管を広げるストレッチも効果的です。真っ直ぐ立ち、背筋を伸ばしながら胸を張って伸びをします。次に手を上下に3回ほど伸ばしながらゆっくりと深呼吸を行いましょう。

 

外出時には身体の熱が上がり、酸素が取り入れにくくなってしまいます。外出前には冷たい水を5秒ほど口に含み、ゆっくりと飲み干すことで、気管を冷やし酸素を取り入れやすくすることが出来ます。

 

酸素を交換する

 

肺の中の酸素を交換して新鮮な酸素を取り入れることで、ミトコンドリアの活性化に繋がります。

 

まず軽く息を吸ってから5秒ほど息を止め、ゆっくりと深呼吸をしましょう。体内に酸素をためることで脳が酸素を取り入れるように指令を出し、自然と酸素が取り入れやすくなります。やり過ぎると酸欠になってしまうので1日に2回程度行うようにしましょう。

 

また食事の際は腹8分目にすることも効果的です。満腹になると横隔膜の動きを阻害してしまい、酸素の交換が出来にくくなってしまいます。